iphone7の設定について理解するpart4-2

こんにちはkpapaです。今日はiphone7設定についてpart4、一般のpart2です。一般のpart1では[ストレージとiCloudの使用状況]まで勉強しましたので、今日は[Appのバックグラウンド更新]からになります。

スポンサーリンク

Appのバックグラウンド更新

img_7948

”Wi-Fiやモバイルデータ通信に接続中に、使用されていないアプリがバックグラウンドでコンテンツを更新することを許可します。” と書いてあります。

[Appのバックグラウンド更新]をOFFにすると”バッテリーの駆動時間を節約できる可能性があります。”が、OFFにするとミュージック再生系アプリなども、バックグラウンドでは再生が止まってしまったりします。

[Appのバックグラウンド更新]はONにして、アプリごとにONとOFFを設定するのがベストです。下にアプリの一覧が表示されますので、一つ一つ考えてONとOFFを設定しましょう。

機能制限

ここではで標準アプリの機能制限や、閲覧できるWebコンテンツの制限、プライバシー設定の制限などを行います。機能制限にアクセスするには4桁のパスコードを入力します。

許可

img_7949

お子さんがiphoneを使用するときは、iTunes Store、iBook Store、アプリのインストール、Appの削除、App内課金などはOFFにした方がよいですね。

コンテンツの許可

img_7950

ここではWebサイトやメディア系の、アダルトコンテンツ、不適切な内容など許可を設定します。お子さんが使用する場合は制限しましょう。

プライバシー

img_7951

ここでは位置情報サービスや連絡先ほか、アプリをインストールして許可を求められて、許可したアプリが表示されます。基本的には自分で許可したものですが、一度見直してみてOFFにしても不都合のないものはOFFにしています。

位置情報サービスを使用するアプリの中には、「常に許可」するアプリもあります。常に許可すると、画面右上に位置情報のマークが常に表示されて気になって仕方ないし、バッテリー消費のこともあるので、そのようなアプリはOFFにしています。

また、「このアプリに位置情報は必要なの??」みたいなアプリはすべてOFFにしています。

変更の許可

img_7952

アカウントは[変更を許可]にします。変更を許可しないと、メール、連絡先、カレンダーでアカウントの追加、削除、変更ができなくなります。

その他の[モバイルデータ通信の使用][Appのバックグラウンド更新][音量制限]もすべて許可にしています。

GAME CENTER

GAME CENTERはゲームのソーシャルネットワークアプリで、友達と対戦したり、1人用ゲームでもスコアを競ったりすることができます。

私はあまり使用しませんが、設定はデフォルトのまま全てONにしてあります。

日付と時刻

24時間表示、自動設定のONとOFFです。

自動設定がONの場合、位置情報を取得すると居る場所を判別して、自動で時間を合わせてくれる機能です。時間帯は位置情報で自動で表示されます。私のiphoneは「東京」と表示されますが、日本どこでも「東京」と表示されるのかは不明です。

キーボード

キーボード

[設定]→[一般]→[キーボード]→[キーボード]で使用するキーボードの設定ができます。iphoneに標準で搭載されているキーボードのほか、AppStoreでダウンロードしたアプリのキーボードを追加することもできます。

いくつかキーボードを購入していますので、またあらためて紹介したいと思います。

ユーザ辞書

ユーザ辞書ではオリジナルの辞書が作れます。予め”単語”と”よみ”を登録しておくと、キーボードで入力するときに効率よく変換することができます。

img_8155

例えば単語で”iphone”よみを”あい”で登録します。”あい”と入力すると”iphone”が返還の候補に表示されます。よく使う人名・会社名・用語などを登録しておくと、メールやSNSも効率よく文章の作成ができます。

自動修正

自動修正は英語のスペルを自動的に修正してくれる機能です。

自動大文字入力

英語入力の最初の文字を、自動的に大文字にする機能です。

Caps Lockの使用

英語入力で連続して大文字を入力することが出来るようにする機能です。ここをONにして英語入力時に左下隅の↑をダブルタップすると、連続して大文字を入力できるようになります。

img_8156

文字プレビュー

文字プレビューは英語文字をタップしたときに、文字の上にポップアップが表示される機能です。

ピリオドの簡易入力

ピリオドの簡易入力をONにして、英語キーボードでスペースキーをダブルタップすると、ピリオドとスペースが入力される機能です。

音声入力

音声入力はモバイルデータ通信やWi-Fiに接続されている必要があります。自分で発した言葉を文字に変換してくれる機能です。

ONにするとキーボードにマイクのマークが表示されるのですが、よく誤タッチをして煩わしいので私はOFFにしています。

かな フリックのみ

ONにすると、かな変換のときにフリック入力のみになります。

英語 スペルチェックと予測

スペルチェックは自動でスペルチェックをして変換してくれる機能です。予測はその名の通り予測変換してくれる機能です。このあたりはiphoneを愛用する人たちの間でも、使用する人と使用しない人が別れる機能で、固有名詞などには弱いため実用性もいまいちなのでOFFにしている人も多いです。

言語と地域

iphoneの使用言語設定を英語にしている人もいますね。私は日本語です。他に地域、暦法、温度単位を設定します。

地域に応じた書式の例

0:34 2016年1月5日火曜日 ¥1,235 4,457.89

辞書

iphoneの内蔵辞書です。前回記事の”調べる”に連動します。

[blogcard url=”https://i-informalmanual.net/iphone7/investigate”]

iTunes Wi-Fi同期

iTunesとWi-Fiの同期します。同期をさせるには予めケーブルを使用してコンピュータのiTunesに接続して、”Wi-Fi経由でこのiphoneと同期”をクリックします。

VPN

VPNのアプリをインストールするとここに表示されます。ここで接続のONとOFFが可能ですが、アプリからも接続ができます。

※VPNについては次の機会に詳しく記事にしたいと思います。

リセット

ここではiphoneの様々な設定のリセットを行います。

※リセットについては次の機会に詳しく記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る