これは便利!! whoscallで迷惑電話を撃退する iOS10対応 です

こんにちはkpapaです。iPhoneに知らない番号から着信があると、出るかどうかちょっと迷いますよね。私は自営で、不在にするときは固定電話をiPhoneに転送しているので、色々な電話が掛かってきます。セールスの電話や投資の電話、時にはFAXのピー…ピー…ピーと、送信エラーがあると繰り返しリダイヤルしてくるFAXには本当に迷惑しています。(FAX兼用電話ではないのに)

そこで今日はセールスや迷惑電話を知らせてくてる『whoscall』の紹介です。

スポンサーリンク

whoscallとはどんなアプリ?

img_9339

簡単に言うとセールスや迷惑電話が掛かってくると、画面上で知らせてくれるアプリです。iPhoneでは連絡先に登録している相手からの着信だと、名前も表示されるため安心して出ることができますが、名前表示の無い知らない電話番号だと出るのを躊躇してしまいます。

以前のバージョンでは着信相手を画面上で識別することはできず、電話番号をコピーして検索する仕様でした。

今回、iOS10に対応したバージョンアップで、リアルタイムで相手先を識別できるようになりました。

whoscallの7億件を超えるデータベース

複数のユーザが迷惑電話の番号として登録したデータを共有する仕組みです。データベースは日々増え続け、データベースをアップデートすることにより、より多くの迷惑電話を認識するようになります。

img_8523

迷惑電話が掛かってきたら

表示される内容を確認して『拒否』ボタンを押しましょう。

今後、着信拒否にして迷惑電話をブロックしたい場合は、iPhoneの[設定]→[電話]→[着信拒否設定と着信ID]をタップして[whoscall]をONにします。

アプリ内で着信拒否の電話番号を追加すると、iPhoneの着信拒否一覧に登録されます。これでイヤな迷惑電話はブロックされます。

img_8524

whoscallは無料で使えるの?

AppStore内の説明やアプリ内でも表示されますが、『期間限定無料使用』となっています。

どのくらいの期間無料で使用できるのか?限定期間が過ぎたら使用料はどれくらになるのか?月々の課金制?売り切り?どうなるのかは不明です。

かなり便利なアプリで、一度使用すると手放せなくなるアプリに間違い無いので、出来る限りリーズナブルに設定してもらえると有り難いですね!


使ってみるとその良さが分かると思います。お試しください。

Whoscall(だれ電)- 迷惑電話をブロック – Gogolook

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る