祝!iOS10.2アップデートでスクリーンショットが無音に!

こんにちはkpapaです。ついに、やっと、ようやく、今頃になって、もっと早くできただろ!なアップデートが行われました!

スクリーンショットを撮りたいのは自宅でばかりじゃないですよね。外出先や電車・バスの車内など、場所に関係なく撮りたいんです。ですが、あのけたたましい大音量。やましい事をしている訳ではないのに、まわりを気を使ってできませんでした。

今回のアップデートでついスクリーンショットを消音できるようになりました。

スポンサーリンク

スクリーンショットの音を消すには?

スイッチでマナーモードをオンにするだけです。これで、あのうざったい大音量は消すことができます。また、音量ボタンでの調整も可能です。但し、音量ボタンでは完全に消すことはできません。

また、嬉しいことにカメラのシャッター音も小さくなりました。盗撮防止のために日本でだけシャッター音が鳴る仕様。アメリカのiPhoneは鳴りません。どれだけ信用されていない国なのか、恥ずかしくて仕方ない仕様ですね。

シャッター音を無音化するアプリは多数出ているので、この仕様はもう無意味なのではないでしょうか。

今回のアップデート内容

絵文字

・ 細部に至るまで美しく見えるようデザインを変更

・ 新しい顔、食べ物、動物、スポーツ、職業を含んだ100個以上の新しい絵文字を追加

写真

・ Live Photosの安定性を改善し、より高速なフレームレートを実現

・ ”ピープル”アルバムで、同一人物の写っている類似の写真の分類の正確性を向上

・ ”メモリー”でスクリーンショット、ホワイトボード、レシートなどの写真からメモリーを作成してしまう問題を修正

・ iPhone7 Plusで、カメラロールから戻ったときにズームインしたままになっている問題を修正

・ サポートするデジタルカメラのRAW形式を追加

メッセージ

・ 新しい”ハート”と”お祝い”のスクリーンエフェクトを追加

・ メッセージでキーボードが表示されない問題を修正

ミュージック

・ ”再生中”の画面を上にスワイプして、”シャッフル”、”リピート”、”次はこちら”に簡単にアクセスできるようになりました

・ ”ライブラリ”でプレイリスト、アルバム、曲の並び替え順を選択可能

メール

・ ”移動”シートが、メッセージの移動後もそのまま残っている問題を修正

・ 長押しでコピー&ペーストがうまく行えない問題を修正

・ スレッドを削除したあと、間違ったメッセージが選択されてしまう問題を修正

アクセシビリティ

・ Voice OverにBraillePen14のサポートを追加

・ Voice Overで、点字表が 予期せず切り替わってしまう問題を修正

・ Siriの高品質音声がVoice Overで使用できない問題を修正

・ Voice Overのユーザーがリストの項目を再調整することができない問題を修正

・ ”スイッチコントロール”で留守番電話を削除できない問題を修正

その他の改善及び修正

・ カーテン/ブラインド、人の検知、動き、ドア/窓、煙、一酸化炭素、水漏れセンサーなどを含むHome Kitアクセサリ用の通知のサポートを追加

・ Home Kitアクセサリ用のファームウェア・アップデートがある時の通知のサポートを追加

・ 他社製のアクセサリとBluetoothのパフォーマンスおよび接続を改善

・ Face Timeに参加している人がぼやけて見える問題を修正

・ Face Time通話で、縦横比および画面の向きが間違って見える問題を修正

・ Visual Voicemailの再生を完了できない問題を修正

・ Safariのリーダーで、記事が空白のページを開いてしまう問題を修正

・ Safariのリーディングリストで記事を既読にすると、Safariが予期せず終了してしまう問題を修正

※TV Appという新機能が追加されましたが、アメリカのみの機能ですので説明は省きます。また、NEWSも未対応のため省きます。

まとめ

スクリーンショットの無音化と、カメラのシャッター音が小さくなったことは明記されていません。おそらく日本だけの仕様だったからでしょうが、何はともあれ今回のアップデートで更にiPhoneが使いやすくなりました。それはもう、タイトルに「祝」を付けても決して大袈裟ではないレベルですよね。

アップデートは機能の改善や、新機能の追加などが行われますが、バグの修正やセキュリティ面での改善も行われたりします。

メジャーアップデートの場合は、追いつかないアプリが一時的に使えなくなったりすることがありますが、今回はマイナーアップデートなので、必ずアップデートはした方が良いですね。

アップデートはそれなりに時間を要するので、時間のある時に、wifi環境で行いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る