IP67 iPhone7の耐水・防塵性能はどれくらいのレベル?

こんにちはkpapaです。遂に今回のiPhone7と7Plusから、耐水・防塵仕様になりましたね!Androidユーザーには既に当たり前の仕様ではありますが、長年iPhoneを使い続ける私にとって、これは画期的なことでであり、待ちに待った新仕様です。普段の生活の中で、台所であったり、洗面所であったり、浴室であったり、魚釣りであったり、雨の中の仕事であったりと、iPhoneが水に触れる機会というのは結構あるんですよね。

完全防水とはいかないまでも、生活防水・耐水・防塵となったのは大変有り難いです。

さて、そんな新仕様ですが、どれくらいの耐水・防塵性能なのか改めて調べてみました。

スポンサーリンク

iPhone7・7Plusの耐水防塵性能はIP67

IPとはIEC(国際電気標準会議)が規定した防水・防塵性能の等級を表すものです。IPインターナショナル・プロテクションの略です。

「6」は防塵性能の数値となり、数値が高いほど性能のが良いということになります。「6」というのはどれ位の性能なのか?

防塵の数値は0~6までとなっており、「6」というのは最高の数値となります。「防塵が内部に侵入しない」という最高レベルです。

「7」は防水性能の数値です。防塵性能の数値と同様に、数値が高いほど性能が良いということになります。防水の数値は0~8までとなりiPhone7・7Plusは「7」ですのでかなり高いレベルです。

規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない。」というレベルです。具体的には「5度・5度の常温の水道水で30分間、1m以内の水深」なら大丈夫だということです。、

参考までに最高レベルの「8」ですと、「製造者によって規定される条件に従い、連続的に水中に置かれる場合にて記する。原則として完全密閉構造である。」だそうです。

水場でどの程度の使用が可能か?

・雨の中での使用

・キッチン、洗面所、浴室など日常での使用

・トイレに落としてしまった

など、生活上起こり得る、水に濡れてしまうような場面では、問題なく使えると思います。

但し、お湯を張った浴槽に落としたり、お湯のシャワーをかけたりするのは気を付けた方が良いですね。

浸水しなくても温度差で内部が結露してしまう恐れがあります。表面上変化が無くても、後々の不具合に繋がる可能性があると思います。

また、海での使用も気を付けた方が良いですね。

海で使う事を想定されたリールや竿なども、使用したあとは必ず水で洗い流します。塩分は金属パーツやプラスチック、パッキンなどを劣化させますので、海で使用するときは、防水ガバーなどを使用した方が良さそうです。

まとめ

ついに耐水・防塵仕様になったiPhone7・7Plusですが、あくまでも生活防水程度に考えて使用した方が良さそうですね。

因みに、私はiPhoneをに水をかけまくったり、水中に漬けたりといったテストは、まだ、していません^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る