Safariの便利な拡張機能その2『Safariのウェブサイトトランスレータ』

こんにちはkpapaです。SafariでWebサイトを閲覧していて、英語表記のサイトはどうしていますか?英語がすらすら読める人は別として、私のように少ない単語や文法知識で何とか意味を把握して、理解した”つもり”の方もいらっしゃると思います。^^;

Safariは拡張機能は本当に便利です。そんな英語Webサイトもボタン一つで翻訳してくれる便利なアプリ『Safariのウェブサイトトランスレータ』を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Safariの拡張機能とは

サイトのスクリーンショットを簡単に保存したり、WebのURLをメールに添付したり、サイトのページを印刷したり、ツイッターに投稿したり…まだまだありますが、対応したアプリをダウンロードすることにより、Safariがより便利に使えるようになります。

Safariのウェブサイトトランスレータ

ちょっと長いアプリ名です。104の言語をサポートして日本語に翻訳してくれます。アプリとして難しい設定も特にありません。翻訳を日本語に合わせるだけです。翻訳にはGoogle翻訳を利用しています。

もう一つ「たタップ後に元のテキストを表示する?」というONとOFFの切り替えがあります。訳しミスなのか”たタップ”???何でしょう?私のボキャブラリー不足でしょうか?あまり気にしないようにしましょう^^;因みのONとOFFで試してみましたが、Webサイトで特に変化が見られませんでした。

※今後、変化を感じることができたら追記します。

動画でご覧ください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る